練習本レビュー:クロールがきれいに泳げるようになる!

トレーニング理論

海外Ironman・国内4大ロング全完走の管理人がお届けします

中央大学水泳部監督の高橋雄介氏によるクロールのフォームについて書かれた本。この方は中央大学を指導して全日本学生選手権で11連覇に導いています。

トライアスロンを始めた当初はYouTubeで動画観てフォームを学んでましたが、やはり体系的に学ぶなら本の方がいいと思い、 Amazon で絶賛されているこの本を購入。
写真や図解が多くとても分かりやすかったです。本の概要を後述してますが、文章だけだとよく分からないですよね。

25mをラクに泳げたら中級者、としており、初心者向けの内容となってます。私も初心者脱出するのにこの本に大変お世話になりました。

なお、この続編に DVD付きのクロールが速くきれいに泳げるようになる! が出ており、こちらはDVDが付いてます。
本の解説読んで動画観てイメージを焼き付けてプールや海で練習、てのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ストリームライン

  • 手のひらを下向きにして重ねる
  • 両腕で耳を挟み、肘はなるべく寄せる
  • 頭を上げない、下げすぎない
  • 顎を自然に引く
  • 腰やお尻が「く」の字に曲がらないようにする
  • 膝を伸ばす
  • 両膝が離れないようにする
  • 足首を伸ばす

キック

足首を内側に向けると、足の横幅を利用して水をより多くキックできる。

エントリー

人差し指から入水して泡がつかないようにする。

ストレッチングタイム (グライド)

  • ストレッチングタイム (グライドのことを言ってます) になるべく前方に体重を乗せる。そしてこの間に手先の泡を取る。
  • 肩甲骨から腕を伸ばし、なるべく遠くの水を捉える。

キャッチ

手先を軽く丸め込み、肘を残してサッカーボールを転がす感じで水を掻く。

プッシュ

後方へ押すように掻く、としか書かれてない!ここが一番進むところなのに。。

リカバリー

肘から先の力を抜いて自然にエルボーアップすればOK。意識しすぎると水中での動作が疎かになる。

息継ぎ

  • 肺の空気のうち 80%を吐いて吸えばよい。
    水中で緩やかに30%ほど吐いて、顔が水上に出たら50%ほどパッと吐く。そしてすぐに吸う。
  • 頭を寝かせたまま顔半分・口半分だけ水上に出して鋭くパッと息を吐くと、一瞬口の周りの水がどけられる。その間にすばやく吸えば良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました