TTバイクとロードバイクの違い

ギア

海外Ironman・国内4大ロング全完走の管理人がお届けします

トライアスロンやるならTTバイクを買うべき? ロードバイクじゃダメなの? とお悩みのあなたへ、その違いを説明いたします。

スポンサーリンク

トライアスロンと言えばなぜ TTバイクなのか

トライアスロンと言えば多くの人がTTバイクに乗ってます。

TT は Time Trial の略です。
自転車競技で使われていたタイムトライアル用の自転車がトライアスロンで使われるようになりました。

ロードバイク+エアロバーでもTTバイクに近づけることはできますが、やはり専用バイクには勝てません。

その違いは主にジオメトリーにあり、その中でも、TTバイクはロードバイクよりシートポストが立っている、という点が決定的に異なります。

TTバイクは頭をラクに下げられる構造

ロードバイクはTTバイクと比べるとシートポストの角度が立ってません。

この状態でエアロバーを握って空気抵抗を減らそうと頭を下げると、かなり体を折りたたまなけばならなくなります。窮屈なので十分にパワーが出ません。

TTバイクはシートポストが立っているため、前乗りになります。その結果、ロードバイクと同じ高さまで頭を低くする場合、腰の角度が浅くて済みます。

TREKのロードバイクとTTバイクについて、公式サイトにあるジオメトリーを比較してみました。

TREK Madone SLR 9 Gen 7
Frame size 62 (参照元)

TREK Speed Concept
Frame size XL (参照元)

表にまとめました。

TTバイクの方が Wheelbase が長いのに、Effective Seat Tube が短いです。つまり前乗りできるということです。

Seat Tube Angle が立っているからこのようなジオメトリーが成り立ちます。

バイクEffective
Seat Tube
Seat Tube
Angle
Wheelbase
Madone
SLR 9 Gen 7
ロードバイク
59.872.5101.0
Speed
Concept
TTバイク
56.578.0103.7

ロードバイクの TT化

私はロードバイクに乗っているのですが、これをなるべく TTバイクに近づけるために、サドルが前に出せるシートポストを採用しています。

それが Profile DesignFAST FORWARD (ファストフォワード)

公式サイトの FAST FOWARD ALLOY には下記の説明があります。

Launches Road Frame Geometry into the Aero Position Aluminum seat post effectively changes a 73° seat tube angle frame to 78° and moves riding position forward up to 38mm. Perfect solution for adjusting road bike geometry into a more aggressive aero position.

シートポストの角度を73°から78°へ、ライディングポジションを38mm前方へ移動できる、と書かれています。これでそれなりに TTバイクと戦えるようになります。

購入する際は、素材シートポスト径、にご注意ください。

プロファイル デザイン ファスト フォワード シートポスト 27.2/31.6mm共用
created by Rinker

以前はこの FAST FORWARD 一択でしたが、最近は PRO というメーカーの PLT SEATPOST もあるようです。

PLT SEATPOST の特徴は、オフセット 20mm であることと、シートポストを前後逆に取り付けられること。つまり 20mmサドルを前に出せるということです。

比較すると、FAST FORWARD の方が PLT SEATPOST より前乗りできますね。まあ PLT の方が安価のようなので、価格面では勝っていると言えます。

プロ(PRO) PLTシートポスト
created by Rinker

あと TT化といえばエアロバーですが、別の記事を書いてますのでそちらをご参考ください。

ロードバイクでもトライアスロンを楽しめる!

以上のように、シートポストを替えてエアロバーを取り付けることで、空気抵抗を低減することができます。

ロードバイク乗りの方も、ご自身のバイクに少しパーツを足して、トライアスロンに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、トライアスロンに挑戦しようと思っているけれど、ロードバイクも持ってないのにいきなりTTバイクを買うのに躊躇している方は、まずはロードバイク、前乗り用シートポスト、エアロバー、を買ってレース出てみて、やっぱり TTバイク欲しい!となったら、シートポストとエアロバーをメルカリ等で売って TTバイク購入の足しにすれば良いと思います。

ロードバイクを駆ってトライアスロンのレースを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました